弁護士紹介

第一法律事務所とは(事務所の沿革)

 京都第一法律事務所は、1961年7月、京都における労働組合や幅広い府民の要望に応え、働く人々や業者、市民の生活と権利を擁護する法律事務所として設立されました。事務所の弁護士は、全員が日本労働弁護団、自由法曹団に加入し、社会的な権利擁護の活動にも参加しています。

 現在、20代から60代まで18名の弁護士を擁する京都府内で最大級の法律事務所です。大きな労働事件は、複数の弁護士が共同し、事務所全体でバックアップしながら一丸となって取り組みます。また、京都の法律事務所で最大規模の労働関係の蔵書が多面的な活動を支えます。

当事務所の在籍弁護士

TOP