京都第一の強みと実績

大企業子会社の外勤スタッフの残業代請求事件

この事件は大企業子会社で自販機の飲料詰め替えの仕事に従事していた外勤スタッフが労働審判で残業代の請求を行ったものです。

この企業ではタイムカードによる時間管理がなされているのに残業代が支払われていませんでした。請求者本人がタイムカードをコピーし、それを元に残業時間を特定し、「給与第一」に入力して残業代を請求しました。会社側は変形労働時間制の導入を主張してきましたが、現場で変形労働時間制が法令に基づいて施行されていた実績が無く、労基法の原則に戻った形での残業代のほぼ全額を支払う内容の和解が成立しました。

TOP