京都第一の強みと実績

遊技店従業員の残業代請求

この事件は遊技店の従業員が未払残業代数百万円の請求をしました。この方は自分の勤務状況を手帳に詳細に記録しており、その記録を元に出退勤時刻を特定し、「給与第一」で残業代の計算を行いました。

会社側と示談交渉を行った結果、不払いの事実を認め、ほぼ満額を支払う内容の和解が成立しました。「給与第一」による迅速で正確な計算が早期の解決につながった事例です。

TOP