京都第一の強みと実績

放送局製作会社労働者の残業代請求

労基署も驚くほどの超過密労働、労働者は精神疾患をわずらい退職を余儀なくされた事例。わずか1年間勤務。会社は、固定残業代の主張をしてきたが、就業規則上、計算の根拠も示されておらず、固定残業代ではないと主張し、裁判外で早期の高いレベルの解決を図った。

TOP