京都第一の強みと実績

保育士の残業代請求事件

この事件は、全く事実と異なる理由により解雇された保育士の方の事件です。

当初は、解雇無効について相談に来られましたが、相談を聞く中で、残業代が支払われていないことがわかり、解雇無効と残業代請求を争いました。タイムカードはなかったものの、交渉の結果、相手側は残業の存在を認め、受任から2か月以内に解決金約300万円で和解することができました。

TOP