京都第一の強みと実績

建設作業員らによる残業代請求

この事件は、特定の会社に所属しながら、自営業者扱いをされていた建設作業員の方らが集団で残業代請求をした事件です。被告会社が示談に応じなかったため、訴訟を提起しました。

被告会社によってタイムカードが破棄されてしまいましたが、出社時刻、帰社時刻が記された業務日報に加えて、帰社後に定型的に必要な業務の時間を立証して追い詰めた結果、全体で1300万円以上の金額で和解解決しました。

TOP