京都第一の強みと実績

残業代500万円を回収してスピード解決した事案

ある日、飲食店で勤務していた男性から相談がありました。お話をお伺いすると、退職するつもりだが、残業代が支払われていないようなので請求したいということでした。どうやら男性は、かなりの長時間労働をしていたようです。

そこで今回、解決までの一般的な流れとあわせてご紹介いたします。

 

まずは、未払いの残業代がどのくらいあるのかを試算します。労働時間の長さと、これまで支払われてきた残業代の額との兼ね合いによって未払額が変わってくることになりますが、資料としてはタイムカードや労働時間を記録したメモ、給与明細などがあれば試算がしやすくなります。なお、いわゆる固定残業代については、それが法律上無効であれば未払いの額が大きく増えますので、固定残業代が支払われているからといって諦めないようにしてください。さて、男性の場合はタイムカードの一部と給与明細があり、労働時間は長いのに残業代は支払われていなかったことから、未払いの残業代は数百万円に上るということが分かりました。

次に会社に対し、試算結果に基づき未払いの残業代を請求します。このとき、消滅時効(2年間)の問題がありますので、できる限り早く請求していったん時効を止めることを心がけます。あわせて正確な金額を計算するため、給与明細やタイムカードの開示を求めることが通常です。今回もそのようにした結果、資料が開示され、計算し直したところ未払いの残業代は2年間で500万円を超えるということが分かりました。

それからは会社側との交渉、もしくは裁判などの法的手続きを執ります。今回は交渉の結果、こちらの計算額にかなり近い500万円という金額で合意し、解決することができました。3ヶ月弱という短期間で高い水準の解決を実現することはできたのは、非常に良かったと思います。

 

残業代のことで疑問のある方、お困りの方は、ぜひ実績のある当事務所にご相談ください。

TOP